GoogleのMapsをAPIsでカスタマイズ

ブログやホームページで使用されることが多いGoogleのMapsですが、実はカスタマイズできることをご存知でしょうか。どのようにカスタマイズができるのかというと、特定のポイントにマーカーを設置したり、マウスで選択をすると画像が表示されたり、そういった非常に魅力的なカスタマイズが可能なのです。

この変更等を行うためには、APIsという仕組みをコードの中に組み込む必要があります。

Google Maps APIsの情報を調べてみましょう。

ブログやホームページはHTMLやjavaScript、それからCSSなど多数のプログラムによって構築されています。


その一部に地図を表示させるプログラムがあり、そこにAPIsを書き込みます。

そうすることで、前述のようなカスタマイズが可能となり、閲覧者に対して有益な情報を与えられます。



なお、このAPIsをコードの中に書き込むためには、Googleのアカウントが登録が必須です。


無料で登録が可能ですが、一分設定の変更が必要になるため覚えておきましょう。



Mapsのサポートページで確認しながら変更を行っていけば、普段あまりパソコンを使わない人でも安心です。

GoogleのMapsはとても魅力的なのは間違いなく、目的地だけでなく周辺情報やその他の情報をまとめて伝えることが可能です。
それだけでも十分なのですが、より多くの情報を伝えたいと考えるなら、APIsのような仕組みを積極的に利用してみては如何でしょうか。


思い通りの地図を作り上げられます。