GoogleMapsAPIsは簡単なツール

検索エンジンとしてグーグルを使う方はとても多いです。
しかしグーグルはそれだけではありません。

待望のGoogle Maps APIsが広く知れ渡ってきました。

各種サービスがあり、さまざまなシーンで使いこなす事で快適になります。



たとえば予定の管理にしても、携帯とパソコンと両方で連動させることも出来ますし、メールの管理も同様です。
グループ分けが出来たり、色々な会社からのメールを一括で管理することが可能になります。


そんなグーグルですが、GoogleMapsAPIsというサービスもあり、これもお勧めです。

GoogleMapsAPIsは、表示させたい住所を地図上に表し、それをサイトに張り付けをすることで表示できるようにするものです。



レストランなどを検索した時に、場所がわからないという時でも住所だけではイメージしづらいですが、GoogleMapsAPIsを使っているところは非常にわかりやすいです。


飲食店や各ショップ、また会社などの場所を分かりやすく教える時にも使えますが、個人的にブログなどで場所を知らせたい時にも使うことが出来ます。
様々なシーンで使いこなすことが出来ますし、簡単な使用方法なので使ってみる事をお勧めします。

GoogleMapsAPIsは、まずグーグルのアカウントを取得することから始めます。


今持っている方はそのまますぐ使えますが、APIキーを取得していくことになります。あとは地図を出したい所に張り付ければ完了です。詳しい使い方はサイトにも記載されていますのでチェックしてみましょう。