GoogleMapsAPIsで快適に表示

グーグルと言えば検索エンジンでナンバーワンの利用者数と言われていますし、もちろん検索エンジン以外でも様々な利用方法があります。

メールの管理が一括でできたり、予定の管理も携帯とパソコンとで連携してしやすいため、お仕事をしている方にとってもメリットが有ります。
GoogleMapsといえば、ストリートビューでもおなじみですが、実際にその場に行ったかのような画像が見られますので、とても面白いという事で話題になっています。

Google Maps APIsについての情報を提供しています。

最近では海外旅行をした気分になれるような使い方も人気です。



レストランの場所がわからず調べていたら、住所だけではなくGoogleMapsAPIsを利用されていて地図が表示されているという事もあります。


これは住所だけですととても分かりづらいのですが、一発で見てわかるというメリットもあり、集客にもつながります。



会社の場所を示したり、個人的に自分のブログで何かの場所を掲載したい時にも利用することが出来ます。
もちろん利用は無料でできますので、使ってみると良いでしょう。

GoogleMapsAPIsを利用するためには、まずグーグルアカウントを取得することから始めます。
もし今持っているようでしたらすぐに使えます。


さらにAPIsIキーを取得することで、特定の場所を地図で表示してそれを自分の貼り付けたいサイトに張り付けられるようになります。

とても便利な機能ですし、住所だけの記載よりもわかりやすくなります。